補償制度

補償制度について

  • ご利用中の万一の事故に備え、下記の保険・補償額が利用料金の中に含まれています。

対人補償

1名につき無制限 (自賠責保険含む。免責0円)

対物補償

1事故につき無制限 (免責0円)

車両補償

1事故につき時価額 (免責0円)

人身障害

1名につき 3,000万円まで

搭乗者の自動車事故によるケガ(死亡・後遺障害を含む)につき、運転者の過失割合に関わらず、損害額を補償いたします。
(限度額3,000万円:損害額認定は保険約款に基づき保険会社が実施)

下記の場合、
保険・補償額の適用ができません。

  • 1.

    事故時に警察および当社へ連絡を行わなかった場合(事故証明がない場合)

  • 2.

    故意の事故

  • 3.

    貸渡約款に違反している場合

    • 飲酒運転、無謀運転、薬物利用、無断延長、乗り逃げの場合の事故、登録運転者以外の運転

    • 車両の又貸し・無免許運転(運転免許停止期間中、運転可能な自動車の種類に違反している場合を含む)

    • 無断で示談した場合、各種テスト・競技への使用、他車のけん引・後押しに使用した場合

    • その他、貸渡約款に定める免責事項に該当する事故 等

  • 4.

    EveryGoの会員登録をしていない方が運転して起こした事故の場合

  • 5.

    使用、管理上の落ち度があった場合

    • 無施錠で駐車し盗難にあった場合

    • 使用方法が劣悪なために生じた車体等の損傷や腐食の補修費

    • 維持・管理された道路以外(海岸、河川敷または林間等車道)で走行した場合の事故・車両損害

    • 給油時の燃料種別の間違いにより生じた補修費 等

  • 上記、保険・補償額が適用されない損害、また補償の限度額を超えた損害については、会員さまの実費負担となります。
    相手不明の当て逃げ・車上荒らしによる損害・ガラスへの飛び石について保険・補償額の適用を受けるためには、警察への届出が必要です。

NOC(ノンオペレーションチャージ)ならびにその他費用について

  • ご利用中の事故や盗難等又は、お客さまや同乗者の過失等により、故障・汚損・臭気(タバコ・石油類等)等が発生し、
    車両の修理・清掃等が必要となった場合、修理や清掃等の程度・期間にかかわらず、その期間中当社が当社サービスを提供できないことについて、営業補償の一部として以下の補償金(ノン・オペレーションチャージ)をご負担いただきます。
    (車内装備の損害、シートの焦げ穴等もNOCの対象となります)
    ※保険補償範囲を超えるレッカー代をご負担いただく場合があります。

  • 緊急出動費=8,000円 / 回(非課税)

項目 内容 申受金額
事故時 自走して所定のステーションに車両が返却された場合 NOC(2万円)
その他上記以外の場合 NOC(5万円)
汚損 煙草の臭いの除去 原状回復に要する実費+NOC(2万円)
ペットの毛や臭いの除去
嘔吐された場合の清掃ならびに臭いの除去
ごみの回収
車両部品や装備などに付着した汚れの除去
紛失 車両の鍵、キーボックスの鍵 実費+NOC(2万円)
定期駐車券(パスカード)、リモコンキー
ガソリンカード
ガソリンキャップ、アンテナ、その他車両の部品や備品
破損 タイヤ・ホイールキャップ 実費+NOC(2万円)
ナビ、ETC車載器、ドライブレコーダー、スイッチ類、シートなど
乗り捨て 故意に乗り捨てたものおよび返却場所間違い NOC(2万円)+当社指定場所までの回送費用×300%
降雪で車両を戻せない場合の移動費 NOC(2万円)
バッテリーあがり ご利用中に発生した場合、またはご利用後に発覚した場合 実費
混油 油種を間違えて給油された場合 実費+NOC(2万円)
忘れ物 当社が忘れ物を回収する場合 NOC(2万円)
電欠・水素燃料欠 電気・水素を燃料とする車両が燃料欠を原因に走行不可能な場合 NOC(2万円)+最寄のEV充電ステーション・水素ステーション、または、所定ステーションへ
搬送する実距離が30kmを超える場合は、超過分の搬送費用

緊急出動の事例

駐車券取り間違え
定期駐車券を利用するステーションにて、一般駐車券で入庫し返却された場合
緊急出動費
正しく駐車していない
駐車枠を踏む、または、はみ出して返却された場合
緊急出動費
窓類の閉め忘れ(※1)
窓類を開けたまま返却された場合
緊急出動費
サインボックス置き忘れによる誤駐車
サインボックスを所定の位置に設置しなかったことにより、車室にHonda EveryGo以外のクルマが駐車してしまい、本来の車室にEveryGo車両を返却できない場合
  • (※1) 窓類:窓、ロールトップ(幌)、サンルーフなど

    上記の事例に限らず当社の緊急出動を要した場合も緊急出動費を申し受けます。

違法駐車について

  • 平成18年6月1日から放置駐車の取締りが強化されました。

新しい制度の要点

短時間の駐車の放置駐車も取締りの対象になります。

民間の駐車監視員が放置駐車違反を確認します。

ご利用期間中に放置車両確認標章が取り付けられていた場合、下記の対応をお願いします。

  • 1.

    速やかに警察署に出頭してください。

    • 警察から弊社に連絡が入った場合、お客様へご連絡いたします。

  • 2.

    反則金の納付と所定の手続きを完了してください

  • 3.

    違反処理後、車両をご返却ください。

上記の違反処理をしていただけず、
車両を返却された場合

  • それぞれ以下の費用を申し受けます。

  • 1.

    駐車違反違約金 25,000円

    • 後日反則金を納付して「交通反則告知書」および「納付書・領収証書等」をご提示いただければ駐車違反違約金の全額をご返金させていただきます。
      ご返金につきましてはお客様の指定口座へお振込いたしますが、振込手数料はお客様のご負担となります。

  • 2.

    当社がお客様の探索または車両の移動、保管、引取り等に係る費用を負担した場合
    当該費用相当額

違反処理及び駐車違反違約金の支払いのいずれも行っていただけなかった場合

  • お客様の会員資格が取り消される場合があります。ご了承ください。

アプリだけで手軽に使える
HondaのカーシェアEveryGo
まずは 無料会員登録

アプリダウンロードはこちら

サービスのご利用には、EveryGoアプリが必要です。