CASE1

事故が発生した場合

もしも事故が発生した場合、負傷者救護・安全の確保を第一としてください。
その上で、事故の大小に関わらず「警察」「EveryGoコールセンター」へ必ずご連絡ください。

  1. STEP1

    けが人の救護
    けが人がいる場合は、救助を優先し、救急車の手配をしてください
  2. STEP2

    事故車両を安全な場所へ移動
    二次災害を防ぎ、交通の妨げになることを防ぐために、車両を安全な場所に移動し、周囲に、事故が発生したことを知らせるなど危険を防止する措置をとってください。

    危険を防止する措置としてトランク内に備え付けてある発炎筒を点火する、三角停止板を設置する等の措置を行ってください。
  3. STEP3

    警察へ連絡
    警察へご連絡いただき、指示にしたがってください。
  4. STEP4

    EveryGoコールセンターへ連絡
    事故の大小に関わらずEveryGoコールセンターへ必ずご連絡ください。
    EveryGoコールセンター

※警察に連絡をしない場合、事故の証明ができずに保険・補償制度が適用されない場合があります。

※事故現場での示談はトラブルの原因になりますので、絶対に行わないでください。

※EveryGoコールセンターへの連絡がない場合には、保険・補償制度が適用されず、通常の営業補償費の他に修理費等かかる費用の実費をご請求いたします。

※補償制度については、コチラをご確認ください。

CASE2

故障・トラブルの場合

故障の場合
安全な場所にクルマを止めてEveryGoコールセンターへご連絡ください

操作での
お困りごとから
緊急時の
トラブルまでサポート

もしもおクルマの故障があった場合、EveryGoコールセンターへご連絡ください。対応策をお電話にてナビゲートいたします。

※適用地域は日本全国です。(交通のアクセス手段がないなどの理由でサービスの提供が不可能な一部離島、一般車両通行止めの道路等は除きます。)

※コールセンターに連絡せず、独自で手配された場合には、発生した費用の負担はいたしませんのでご了承ください。

※コールセンターにご連絡された場合には、必ずオペレーターの指示に従ってください。指示に従っていただけない場合にはサービスの手配・費用負担をお断りする場合があります。

次の場合は対応が困難な場合があります。
ご了承ください。

※豪雪、洪水等、車両の走行が困難な場合での出動

※キーのとじ込みによる鍵あけは、場合によっては対応できないことがあります。

CASE3

盗難にあった場合

  1. STEP1

    EveryGoコールセンターへ連絡
    EveryGoコールセンター
  2. STEP2

    警察へ連絡

CASE4

駐車違反時の対応

ご利用期間中に放置車両確認標章が取り付けられていた場合、下記の対応をお願いします。

  1. STEP1

    EveryGoコールセンターへ連絡
    ※警察から弊社に連絡が入った場合、お客様へご連絡いたします。
  2. STEP2

    反則金の納付と所定の手続きを完了してください
  3. STEP3

    違反処理後、車両をご返却ください。

上記の違反処理をしていただけず、車両を返却された場合

それぞれ以下の費用を申し受けます。

  • 1.

    駐車違反違約金 25,000円

    ※後日反則金を納付して「交通反則告知書」および「納付書・領収証書等」をご提示いただければ駐車違反違約金の全額をご返金させていただきます。ご返金につきましてはお客様の指定口座へお振込いたしますが、振込手数料はお客様のご負担となります。
  • 2.

    当社がお客様の探索または車両の移動、保管、引取り等に係る費用を負担した場合当該費用相当額

違反処理及び駐車違反違約金の支払いのいずれも行っていただけなかった場合

お客様の会員資格が取り消される場合があります。ご了承ください。

アプリだけで手軽に使える
HondaのカーシェアEveryGo
まずは 無料会員登録

アプリダウンロードはこちら

サービスのご利用には、EveryGoアプリが必要です。